Calender
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Archives
Categories
アロハ・ヴァイブス~アイランド・ミュージック・スタイル
アロハ・ヴァイブス~アイランド・ミュージック・スタイル (JUGEMレビュー »)
オムニバス,フィージー,サシャモン,マリノ,ポーラ・フンガ,スリー・プラス,ウックラ・ザ・モック,ハワイアン・スタイル・バンド,テン・フィート,カラエロア,ザ・カアウ・クレイター・ボーイズ
アロハ・ヴァイブス~ハワイアン・レゲエ・スタイル
アロハ・ヴァイブス~ハワイアン・レゲエ・スタイル (JUGEMレビュー »)
オムニバス,コアウカ,パナエヴァ,ロビ・カハカラウ,ジェフ・ラスムッセン feat.フィージー & ローサン,フィージー,ナレオ,カラエロア,マリノ,エイミー・ハナイアリイ,ポーラ・フンガ
まつりごと

 3ヶ月ぶりの更新!

ブログ”未来おみやげ展”への道を更新していたが、いざ展示が始まるとほぼ毎日会場への出勤、一日に沢山の人と話す毎日、今更ですが会場に来て頂ありがとうございました。そしてモノ作りに関わってくれた友人、スタッフに感謝します。この”未来おみやげ展”は今後も場所をかえ続けて行きますので、よろしくお願いします。

そしてフェスの季節の到来で家を出っぱなし。

旅に出て人と会って話す、旅先で絵を描く、友達が増える、お金を稼ぐ、家に帰ってから家族との生活、自分にとってなんて理想な循環なんだろうと思っています。


しかし、常に頭の中につっかる事がある。原発事故、放射能、食物汚染、環境問題、税金、借金、、、、、旅に出ても直面する事実。


今回沖縄〜久米島に絵を描きに行った時、久しぶりの友人に会った。

その友人は20年前に東京でよく会った人で、当時TV局のデレクターをしていたバリバリのキャリアウーマン。彼女は震災後、原発事故の福島からの子供達、親子を一時的に久米島に避難さすプロジェクトに携わっていた。会っていきなり実際どうなの?と僕が聞くとやばいよ、もう放射能の被害は始まっているよって答えた彼女の声がすこし震えたような気がした。涙が出る。

でも子供達はここ(久米島)では毎日海に入り思いっき遊んでるよ!って彼女が明るく話してくれた。すると南国の太陽と樹木と芝生、海、音楽に溢れるフェスティバルに肌の焼けた島の子供たちと明らかに違う肌の白いの女の子がやってきた、福島の子供たちだ。楽しい?と聞くとニコニコしながらうなずいてくれた。おじちゃんはあそこ(ステージ)で大きい絵を描くから見てねみたいな事を言った気がするが、あまり憶えてない。じっとその子を見ていたらどうしたらいいのか、、、

そのフェスで描いた絵は久米島の避難を受け入れる子供達の施設に飾れる様に友人に託してきた、日差しが強いので窓に飾って日よけにもなれば少し価値になるかなと思う。


そんな各地でのフェス=まつりでは人と会いいろんな事が生まれる。アート、食事、会話から僕は未来への希望や生きるエネルギーをもらう事ができる。そして今このフェス=まつりで産まれた文化と実際の政治をまつりごととをして捉えて一つの行動を起こした男がいる。


三宅洋平


彼は前からフェスではミュージシャンの枠を超えた才能を発揮していた。

最初彼がステージで話すのを聞いた時、声の感じは僕が子供の頃、学生運動の人達が大学の門の前で拡声器で淡々と話すアジテーションを思い出させたる耳障りがあった。政治的なものに対するエネルギーが似ているのか?しかし良く聞くとアート的?ポジティブなのかネガティブなのかよく分からないまま言葉の煙にまかれて知らない間に音楽になっている。

今回政治の世界に入ろうと立候補して選挙フェスとゆうテーマで全国を周っている彼の街頭演説とゆうステ―ジで、彼の才能は間違いなく進化している。言葉の意味も態度もはっきり伝わり始めている。


僕は311以前から資本主義の行き詰まりを感じていた。政治や経済とゆわれる世界を司るもに足りないものは、自然と融合した人間の創造性だと思う。

本来、政治=まつりごととは人間が自然の大きさに対して願いや感謝を奉納する儀式であり、そのまつりごとを司るヒト=政治家だったのではないのか。

三宅洋平はそんな事を言ってくれている様な気がする。

僕は20年以上前から投票に行っている、しかし選挙、政治には参加している感覚は無い。投票はあくまでも大政党から票を散らすための小さな抵抗でしかなかった、しかし今度は違う感覚で投票出来そうだ。

今一度情報をチェックして7/21投票しようと思う。

読んで頂きありがとう。言いたい事が言えてすっきりした〜。

東京、自宅の玄関にて。



from : Kads MIIDA
| News | 12:00 | comments(1) |
"未来おみやげ展”への道パート7
 先週前半は関西〜名古屋で週末は東北、石巻に出かける。

石巻は2011年の震災以降、復興活動の一つに商店街のシャッターにペイントするなど、アーティストが現地で活動している噂をよく聴いた。自分も何度かの誘いを受けたがタイミングが合わずその機会を逃してたが、去年末にイベントの約束をしてようやく今回の石巻行きが実現した。

現地を案内してもらうと、沿岸線の風景はほとんど瓦礫は無く、元街があった建物の基礎だけだ続く。燃えた小学校の校舎、積まれたぐしゃぐしゃの車置き場を見ると背筋が凍る思いがした。地元の人達も夜は通るのが怖いと言っていた。しかし出会った石巻の人達はだれも明るく元気でなにか吹っ切れた様子で東北人独特の優しい人当たりがなんとも気持ちよかった。

昼はシャッターにスプレー缶を使ってペイント、夜はイベントでライブペイント。

BAR STEREO GRAPHのシャッター

イベントを主催したR TONEのクルー達

Coffee shop ROOTSには水没した僕の描いた絵本があったのでママとマスターの似顔絵を描いた。

あっと言う間の2日間、石巻のみなさんありがとうごいました。


そして、東京でおみやげプロジェクト!

横浜石川町で"カフェ亀の橋”と言う名で喫茶店を営む友達が焙煎するコーヒー豆。そのコーヒー豆の持ち帰り用パッケージをつくる。

いわゆる良く見るクラフト紙のパッケージに合わせたデザインをして、シルクスクリーンプリントで直接印刷。昨今はシールやインクジェットで済ますものであるが、あえてここはご近所のタガワセリグラフさんに頼み一つづつ印刷で仕上げた。

中身のコーヒーは今回出展用のスペシャルブレンドで、エチオピア、メキシコ、ジャマイカといった僕が以前旅をした国にちなんで豆を選んでくれた。

コーヒー豆は焙煎が命、出来るだけ焙煎後フレッシュなものを出展します。4/26のオープニングの時にみんなに飲んでもらえる様に準備してます。

続く。。。。。


from : Kads MIIDA
| News | 12:23 | comments(0) |
"未来おみやげ展”への道パート6
先週おみやげ制作の確認ツアーに出掛けた。

まず、京都から…

西京区大原野の菜食フレンチレストランQUIQUI(クイクイ)が作る藍の葉を使う食材、"藍のもん"は徳島産の有機栽培された藍の葉と野菜、果物をブレンドして出来たソース、ペイスト、ジャム、チャイなどのオーガニックパッケージ食品ブランド。藍の葉は昔々、デトックスの効果がある薬草として食べられていた歴史があるらしく、"藍のもん"は現代のマクロバイオディック料理法とフレンス料理でアレンジし、藍を食べる文化を蘇らした。

このブランドが出来上がる過程で僕の関わりはネーミング、デザインそしてパッケージに使うラベルの印刷に関わった。

そして大阪に移動。あらかじめ製版を注文して予約をすると、自分達でシルクスクリーン印刷が体験出来るレトロ印刷でラベルステッカーを刷る、刷る、刷る。

藍の顔料を使って印刷してみた。

藍の色の調合に何度か試し刷りを重ねなんとか形になった。後は瓶や箱に貼り、パッケージしておみやげ展に出展。

ぜひみんなに味わってもらいたい。


そして、神戸〜では友達に預けている出展用の秘蔵Tシャツのチェック&打ち合わせ。。。

翌日は名古屋市緑区の()右田工芸さんにお邪魔させておもらう。

先代の時計の文字盤の彫金技術を活かし、高い技術で彫金された海外観光客用のおみやげ品やステッカーなどを作る工場。

先代の孫にあたる右田くんとの繋がりは、13〜4年くらい前に彼が主催するレゲエのイベントに招待されライブペイントをした事がきっかけで、親の経営する工場で仕事を始めてから再会し、デザインの依頼を受けて作ったメタルステッカーがこれ。

この日本が誇る彫金技術を使ってあらたなデザインで制作を進めている。

工場の応接室で製造途中のサンプルを確認して、工場を見学させてもらい東京に戻った。

いい感じで立体感が出てる!

続く。。。。。。。。。。





from : Kads MIIDA
| News | 02:26 | comments(0) |
"未来おみやげ展”への道パート5

出展品のサンプルがまた一つ届く。

皮製のiPhone ケースだ。

プリントされている赤いパンサーは原宿のSURKU Cafeとゆう洋服屋のオーダーで以前に描いたイラスト。

オーナーの大介君からの依頼でこの店を立ち上げる時のキャラクターとして、黒人の民主主義運動組織ブラックパンサー党からのインスピレーションを受け、赤いパンサー=日本をイメージして描いた。


本体のiPhoneケースは大介くんの地元、東京立川で活動する仲間、OJAGA DESIGN(オジャガデザイン)の仕事。

今回OJAGAの拠点である店舗と工場に行って制作の工程を見せてもらった。

古い町工場を改装した店舗兼ショールームで新しい商品やこれまでのストーリーを聞かせてもらう。代表の人柄、発想のプロセス、そこに集まる人達に親しみと、なぜか懐かしさを感じた。

そして工場に。。。

独特の色合いの皮製品はこの染料で染められて行く。

壁にはオリジナルカラー表が貼ってあった。

染められたパーツがコンピューターのデータにそってカットされて行く。

オリジナルの縫製糸。

カラフルな糸で手縫いされて行く。

工場での説明と見学して行くなかで、

オジャガの製品の自由な配色の秘密が一つ分かった!

それは縫う人達の個性に任せて染められたパーツと糸を組み合わせているからだった。

最後になんといってもこのオジャガデザインのすごいとこは、地域の雇用を生み出しているところ。工場で働いている人達の年齢、性別はばらばら。それぞれの個性をいかした部署でみんなが働いている様に見えた。

昨今はデザイン、企画、製造、販売などが分業されてコストの低い方が優先に仕事が流れるのが当たり前であるが、東京郊外でこの流れを一つの共同体で動かしていく事を実現しているいい見本だと思った。

やるな〜〜〜オジャガ!Respect!

続く。。。。。。。。。。

from : Kads MIIDA
| News | 13:35 | comments(0) |
"未来おみやげ展”への道パート4

自宅近くのシルクスクリーン工房、タガワセリグラフの二代目息子さんとの共同作業。

アナログ印刷にはフィルムを作る作業が必修で、フィルムの出来映えは印刷に大きく左右する。

フィルムは光を通す部分と通さない部分に分ける作業が必要で、原画に忠実に作らなければいけない。このフィルムを元に製版が作られ、やっと印刷が出来る。

いろんなフィルムの作り方があるが、タガワさんは原画に合わせてカッターナイフで直接切り抜きフィルムを作るの得意とする。

赤いフィルムが光を通さない部分。

そして厚めの帆布にシルクスクリーンでプリントしたものをチェック。

生地の違い、インクの違いをテストしていく。 

仕上げは木枠に貼り、サインを描いて完成。

紙のポスターではなく、額も要らないので即、壁にディスプレー出来るのだ!

続く。。。。。。。。。。。

from : Kads MIIDA
| News | 19:10 | comments(0) |
"未来おみやげ展”への道パート3

静岡と言えばお茶の産地、そのお茶にまつわる道具も静岡の産業の一つ。

例えばお茶を保存するための茶筒も静岡で作られてるみたいだ。


昔の茶筒と言えば、木で作られていて今では高価なものになっている。

今の支流は金属製で茶缶と言い、周りに柄がプリントされた和紙が貼ってあり、柄も和風でお茶が入っている感がにじみ出ている。


オリジナルの茶缶が作れるの知ったのは、静岡県焼津の友達のお店が10周年で記念品で配る茶缶にデザインを依頼されたからだ。

これがそのデザイン。

ふたのてっぺんの”アヤナイ”はそのお店の屋号。

ちなみにこの茶缶もリメイクして出品します。

この印刷した紙を無地の茶缶に貼ってもらいます。

黒の部分に少し立体感とつやあり仕様。

印刷は大阪の”レトロ印刷”にオーダー、いろんな方法でレトロ感溢れる印刷をしてくれる独特の印刷やさん。

円の中心がちょっとズレてるが、これも味とゆう事でOK!

これが完成品をイメージしたスケッチ。

さて完成品は?

続く。。。。。

from : Kads MIIDA
| News | 19:33 | comments(0) |
"未来おみやげ展”への道パート2
未来おみやげ展の開催まで一ヶ月、オフィシャルサイトを作りました。
http://omiyage.kads.net/

で、このブログもオフィシャルサイトのNEWSとして掲載されています。

なんでも繋いで行きましょう!

日本各地の仲間達のコラボが今回のテーマ、各地から制作のレポートが届いてるので紹介しますと、

沖縄ではこのビーサンが島草履(しまぞうり)と呼ばれ、沖縄で最も有名?なサンダルです。

この島草履にカッター1つで柄を彫る、サンダルマンことJUNNOが僕のデザインで制作してくれてます。

この島草履from沖縄として"未来おみやげ展”に出展します。

会期中にJUNNNOに実演してもらう予定。カスタムオーダーしてもらおう!

ちなみに5年くらい前にJUNNOが作ってくれた島草履愛用してます。

柄は京都でのイベンNICE UPのロゴby俺。

続く。




from : Kads MIIDA
| News | 18:12 | comments(0) |
”未来おみやげ展”への道パート1
” 未来おみやげ展”をすすめてます。
いろんなプロダクツ=おみやげを日本各地、近く周りの人達とのコラボをしてます。

これまで、各地で出会って仕事をした人達と連絡を取り合い少しずつ形になっている段階です。

今回の個展は手にして楽しめるおみやげアートを目指してます。

たえば
一番近くは自宅から歩いて一分のシルクプリント工房で版画
遠くは沖縄の輪転機でチラシのプリント&島草履
静岡焼津で布染め&お茶の葉入れ
四国、湘南の藍染め
料理人達のつくる神戸のソース達〜京都の藍食品〜横浜自家焙煎コーヒのパッケージなど。

かつてのおみやげの定番、ペナントを今のメッセージをこめて作っています。
明日はこのペナントの打ち合わせで、東京荒川区のプリント工場に行きます!

そして我が家にい17年居たライオンの絵が去って行きました。
つまり売れたのですが、ちょっと寂しい。

1995年の個展に描いた絵でその後はほとんど表に出さず、家に飾ってあった900X700mmの額付き。

では続ます。。。。。。





from : Kads MIIDA
| News | 17:53 | comments(0) |
個展ポスター&ライブペイントセッション
個展のポスターが先週完成。
いよいよ街に貼り出そうと思いきや、確定申告〜ライブペイントで二の足を踏み中。

個展の告知サイトを準備中。
個展期間中のイベント、出展作品の紹介などを紹介する内容です。
完成次第お知らせします。

で。久々のライブペイント写真をアップします。

今回は6人のペインターで仕上げるセッション。
ライブペインター先輩の伊藤清泉さんの声掛けで集まった俺,gravityfree,しがさやか,chiquitaである美容業界のショーにパフォーマンスとして出演。
場所は両国国技館。
ステージから観客席を望む。
3時間のショーが進む中で15mX3mの画面に一斉に描きまくる。


決められた時間とテーマがあるため、事前に打ち合わせを重ね、各ペインターのスケッチをコラージュしてレイアウトを決め、白い画面に白の蛍光塗料で本番前日に下描き。


本番ショーのスタートと共に本番ペイント。
前日に描いた下描きは普通の照明では消え、再び真っ白の状態から、かすかに見える下描きをたよりに着色。

そして
約3時間のショーがフィナーレを迎えるころ、照明が消され、ブラックライトが点灯。
下描きと色が混ざり合った画面におおおおっと感動。

ライブペイントセッション、刺激と調和の入り乱れる体験。
またやりたいな〜

お疲れさまでした。

明日から個展モードに入ります。

from : Kads MIIDA
| News | 00:25 | comments(0) |
個展の前に
今年の個展のお知らせの前に去年の個展の事を少し。

昨年末の沖縄の個展は無事終り、ずいぶん時間が経ちましたが、作品を観てくれた人達、会場スタッフの皆様に感謝します、ありがとうございました。

新しい出会いはなによりの財産!

一ヶ月間の個展"Island & I”の締めくくりにささやかなパーティーを開き幕を閉じた。

オープニングは何ヶ月も前から企画、告知してトークショウ、ライブペイントとワイワイに賑やかしたが、突然の企画のエンディングパーティーは少人数だが駆けつけてくれたミュージシャン達のおかげでほんわか暖かい集まりになった。


ボッサノヴァを歌ってくれた日系ブラジリアンのサブリナ。
彼女はギター片手に日本を行脚中にどこかで僕の絵を見て個展に来てくれた。

blogもあるのでチェック!

さらに沖縄の個展で出会ったかっこいい兄ちゃん2人、アルツーロとリベイロの演奏が加わりさらにラテンフレイバーな夜になる。

このいかした2人は名前のとおりラティーノだが流暢な関西弁を話す滋賀県育ちの若者。
でもステージではサブリナも加わりポルトガル語とスペイン語が入り混じった、なんだか耳ざざわりがいい会話。

そこで僕も急遽ライブペイントで参加、三人の音楽と暖かい南国の冬にとけ込んで絵を描いてみた。


こんな感じ。。

沖縄の個展はいろんな人と出会う交差点、でもゆっくりと話せる時間がある交差点だった。
オブリガトウございました。


from : Kads MIIDA
| News | 10:41 | comments(1) |
<< | 2/8PAGES | >>